ボトックスの副作用をチェック【体に対する負担も最小限】

綺麗になる為の治療

注射

施術は安心して受けられる

手軽に受けられるプチ整形として最近人気になっているのがボトックスです。ただ副作用があったらどうしようと心配の方がいるかもしれません。ここではボトックスの副作用について触れていきます。ボトックスはもともと治療用として使用されている注射です。実は美容用で使われるよりももっと前から一般の病院で用いられているので実績は十分にあり、安心できる注射です。では実際に起こりうる副作用を挙げていきます。まずは注射を打つので皮下出血が起こる可能性があります。これは通常の注射(採血など)でもありうる現象です。時間の経過とともに皮下出血は引いていきますので心配いりません。それから額に注射を打った場合は表情が硬くなる、もしくは瞼が重くなるという話を聞いたことがあるかもしれません。しかしながら、注射を注入する位置や量を調節することでそれらを防ぐことが出来るので、しっかりとクリニックでカウンセリングをすることをおすすめします。またアゴ(エラ)に注入する場合は、咬筋と呼ばれる筋肉に少しダルさを感じることがあります。ただし日常生活には支障は出ませんし、咬筋の違和感も徐々に解消されていきます。例えば、食事の際に噛むことに抵抗はありません。ボトックスの注射は切開しないメス不要の施術だからこそ、一般的な整形よりも副作用は少ないと言われています。そのうえメスを使う施術よりもダウンタイムが短いというメリットもあります。それでも心配な時はクリニックには実践を積んだ経験豊富なドクターがたくさんいるので相談してみましょう。ボトックス注射の施術を受ける際の順序を紹介していきます。まずはクリニックのドクターによる診察及びカウンセリングです。自身がなりたい姿を相談し、それを叶えるためにドクターから提案があります。具体的にはもっと小顔になりたい、目元のシワを取りたいなどです。ボトックスの副作用が心配な場合は、どんどんドクターに質問していきましょう。副作用が生じないように、どの部位にどのくらいのボトックスを打つのかを決めていきます。もちろん自身が納得いかない場合はカウンセリングだけ受けても構いません。気軽にクリニックの門を叩いてみてもいいですよね。続いて施術に入ります。注射をする部位を冷やしていきます。細い針の注射なので麻酔をしないことが多いですが、痛みが心配な方は麻酔クリームを注射する部位に塗って麻酔が効いてから施術を開始します。注射する部位の箇所や量により所要時間は変わりますが、だいたい15分〜20分で治療は終了します。麻酔の時間を含めても1時間程度で施術は完了します。麻酔をしない場合は30分程度です。治療後にドクターからアフターケアについての説明があります。また施術後はメイクをして帰宅できます。その際は、注射を打った部位になるべく触れずに化粧をしましょう。理由は、注射したボトックスが他の部位に広がらないようにするためです。施術当日はアルコール摂取と激しい運動を避けてください。同様にサウナや長風呂も控えます。なぜならボトックスは熱に弱いという特性があるからです。施術当日は血行が良くなる行為をせずに、安静に過ごしましょう。