少ない確率でリスクも|ボトックスの副作用をチェック【体に対する負担も最小限】

ボトックスの副作用をチェック【体に対する負担も最小限】

少ない確率でリスクも

注射

アレルギーがある方は禁止

ボトックス注射は、ボトックス製剤を治療したい部分に注入するだけですので、比較的失敗が少なく安全に出来る施術です。また日本の厚生労働省にも認可されている製剤ですので、安全面は高いといわれていますが、非常に低い確率で副作用も起こる場合もありますので、注意が必要でしょう。ボトックス注射の効果は3ヶ月から4ヶ月ほど続きますが、万が一副作用が出てしまった場合は成分効果がなくなるまで待つしか方法はありません。また注入箇所をマッサージすると成分効果がなくなるのが早まる傾向があります。ボトックスの副作用は、注入時に使用する針の痛みや成分が身体の中に入る際に、人によって痛みを感じてしまう場合もあります。注入時に内出血を起こす可能性もあり、人によってまったく起こらない方もいれば、内出血の状態が酷く腫れも出てしまう場合もあるでしょう。あらかじめ内出血が出やすいかどうかは、実際に注入してみないとわかりませんし、注入量や注入場所によっても、症状に違いが出てきます。内出血が酷い場合には腫れも出やすい傾向がありますが、だいたい1週間ほどで改善されるでしょう。小皺の改善のために施術を行った場合は、ボトックスは筋肉を抑制する効果があるため、普段の表情を取ることが出来ないため、顔に違和感を覚えることもあります。施術当初は違和感が強く出てしまうこともありますが、次第に慣れてくるでしょう。この他にも頭痛が出てくる場合がありますが、頭痛の確率は0.5%未満です。アナフィラキシーショックという強いアレルギー症状が出てくるケースもありますが、0.01%未満という非常に少ない頻度ですが、もしこうしたアレルギー症状が出てきたら、残念ながら体質に合わないため、今後は施術を行わない方が賢明です。ボトックスの副作用で気を付けたいことは、やはり信頼できる医療機関で施術を受けることがとても重要ですので、施術を受ける際は、どのようなクリニックか、施術実績数や医師の技術力などについてはしっかり調べておく必要があります。現在ではボトックス施術は安全で普及率が高く、様々な美容整形外科で行われている人気の高い施術なのですが、100%成功するとは限りません。低い確率ですが、わずかに副作用の可能性もあるということを考えて自分で行うかどうかを決定する必要があります。ボトックス施術の良い所は、メスを使わずに高い美容効果を得ることが出来るという点です。たとえばエラ張りなどはエラ部分の骨を削らなければならないなど高いリスクが伴う整形手術ですので、身体にも精神面でも負担がかかってしまいます。しかしボトックス注射であれば、エラの部分に成分を注入するだけですので、手術に伴うリスクはほとんどありません。ダウンタイムもほとんどありませんので、腫れなどの問題がなければ翌日から仕事へ行くことも、学校へいくことも出来ますので、日常生活に支障がありません。副作用について不安であれば最初は量を少な目に注入したりすることによって、1回目だけ様子を見てみるという選択肢もあります。最初に受けて状態が良かったら、次に行う時は量や注射の位置、注入の深さなどを調整することが出来ますので、悩みを改善させていくことが出来るでしょう。ボトックスの良い所は整形手術とは違い、効果が緩やかであるため、周囲に気づかれないという点です。周りに気づかれずに綺麗になりたいという方は試してみる価値は儒分にあります。