ボトックスの副作用をチェック【体に対する負担も最小限】

正しく理解しよう

顔に触れる女性

安全に行う為に

ボトックス自体はボツリヌス菌が作り出す成分を注射する事によって、筋肉の収縮を促して小顔効果を期待する施術方法の事を言います。薬剤自体は顔面麻痺等の時にも利用されており、非常に安全性が高いものとなっているのですが、時には副作用が報告される事も無いわけではありません。ただこれはボトックスだけの事ではなく、他の薬剤を利用した時でも同じように体内に他の成分を注入するので、起こり得る物です。またボトックス自体は1回注射するともうそのままの状態をずっとキープできるわけではなく、その薬剤の効果は徐々に消えて行きます。個人差があるので一概にどれ位と言う事は出来ませんが、大体3か月から半年程度で効果が消え始める為、半年から1年に1回位ずつ再度注射を行って状態を維持します。また効果がずっと続かないと言う事は、副作用自体もずっと続くわけではなく、その症状は徐々に消えて行きます。もちろん副作用が出たからといって今後一切注射が出来ないと言う訳ではなく、注意して行えば再度注射する事も可能です。もちろん副作用自体は気にすべきものと言えますが、ボトックスは他の方法に比べてもはるかに副作用の危険性が低く、安全性が高い施術です。また注射を用いて行うので手軽に行う事が出来る点も高く評価されているため、現在では世界各国で小顔効果を期待してボトックス注射をする人がいます。またその人自身の様子を見ながら注射を行う事になるので、薬剤の量等も調整しながら施術を行う事が出来る点も、この方法の大きなメリットです。ボトックス注射自体は顔の大きさ等にコンプレックスがある時に利用出来る方法となっており、上手に活用すると高い効果が期待出来ます。もちろん薬剤を注入する方法なので全く副作用が無いわけではありませんが、これはボトックスに限った話ではなく、他の方法でも共通して言えます。また、顔がこわばる等の副作用の症状が報告される事もありますが、この症状自体はずっと継続するわけではなく徐々に改善して行きます。だから一度何かトラブルが起きてしまったらもうそのままの状態になってしまう訳ではないので、安心して施術を行う事も可能です。一般的にボトックス注射自体は顔のサイズを小さくする目的で利用する施術となっていますが、顔のサイズの改善はボトックスだけではありません。例えば骨を削ったりカットしたりする方法でも、劇的に顔のサイズを変える事は十分可能となっています。しかし注意すべきなのは、選ぶ方法によっては高い効果は期待出来ますが、ダウンタイムも長く続いてしまう物も珍しくない事です。その点ボトックスの場合は注射を利用して薬剤を注入するので、傷跡が出来たとしても針の穴だけで、その他の傷は出来ません。また注射をしたらすぐに変化が出る訳ではなく徐々に変化を起こすので、体に対する負担も最小限に抑える事が出来ます。もちろん施術後はすぐにメイクをして帰宅する事も出来るので、手軽に、そして出来るだけ安全に顔のサイズを小さくしたい時にも活用できる方法です。またその変化は徐々に起こるので、誰かに知られる事無く施術を受けたいと言う時にも十分活用する事は可能です。

注射

少ない確率でリスクも

ボトックス注射は製剤を悩みのある部分に注入するだけで簡単に行うことが出来る施術です。リスクがほとんどない施術なのですが、まれに副作用が出る場合がありますので注意する必要があります。アレルギーがある方は今後はボトックス治療は避けましょう。

注射

綺麗になる為の治療

ボトックスの副作用に皮下出血がありますが、採血などでも起こる現象なので時間の経過とともに解消されていきます。また施術前にカウンセリングをしっかり行った上でボトックスの施術に入ります。麻酔をする場合の所要時間は1時間程度です。

女医

施術の心構えが大切

ボトックス施術を受ける前には、カウンセリングでしっかりどのような施術を行うのかをきちんと調べてから申し込みを行わなければなりません。副作用のリスクは少ないのですがまれにありますので安全なクリニックを利用しましょう。